ビジネス

フリーランスは孤独?チームで働くことで感じたメリット

フリーランスは一人黙々と仕事をするイメージがありますが、現状はどうなのでしょうか?
今年(2022年)からフリーランスになった「みっちゃん」と、育休中に副業として在宅ワークを始めた「アニーさん」にお話をお聞きしました。

現在お二人は業務委託としてCrewto®の業務に携わっていただいており、 先月度からは広報チームとしてTwitter運用などを二人で進めています。

今回はそのお二人に、一人で働いていた時との違いなどについてインタビューしました。

またオンラインツールとして、バーチャルオフィスの「MetaLife」を使用し、いまバズワードとなっているメタバースなるものを試してみました!

その模様とあわせてインタビューをお届けします。

今、どんな働き方・仕事をしている?

バーチャルオフィス「MetaLife」を使い、和やかな雰囲気のなかでインタビュー

会社員時代と今の働き方はどう変わった?

市原市原

二人にはCrewto®で業務委託として手伝ってもらっていますが、今の働き方をするようになって、会社員時代と比べて変わったこと、違うことはありますか?

みっちゃんみっちゃん

私は、業務内容が大きく変わりましたね!会社員時代は、広報がメインだったんですが、今はWebデザインとSNSのお仕事が多いです。Crewto®では、広報業務のサポートもさせていただいています。

あとは、会社員時代は通勤時間や休日が決まっていましたが、今は自由に決められるところが大きく変わりました。私は朝が苦手なので朝の時間に余裕をもてるのは非常にありがたいです。平日休みも取れるので、病院や市役所など、平日しか空いていないところも行きやすくなったのも嬉しいです。

アニーさんアニーさん

私は、家庭との両立がしやすくなりました!4月に出産し今は育休中ですが、それまでは通勤1時間かけてフルタイムで働き、帰宅後に家事したらもうヘトヘト…という状態で(汗)会社でも家でも気が休まる時間はほとんどなかったな〜と思います。

でも今は、Crewto®を始めほかの業務委託のお仕事もすべて在宅で取り組めているので、家庭との両立がしやすく助かっています!子どもの様子や自分の体調に合わせて仕事の時間を調整できるのは、精神的にも体力的にもありがたいです。

フリーランスがチームで働くとは?

会社ではなく個人で仕事を受ける大変さ

市原市原

Crewto®以外での仕事も請け負ったりされていると思いますが、フリーランスや業務委託の仕事で大変だなと感じることも聞いてみたいです。

みっちゃんみっちゃん

私はCrewto®以外でも、業務委託でデザインの仕事をしていますが、前職でデザインをバリバリやっていたわけではないので、「これであってるのかな…?」と正解がわからず一人でモヤモヤしてしまうことがあります。

クライアントもデザインのことを詳しく分からない場合が多いので、イメージの擦り合わせが難しいなと感じることもありますね…

アニーさんアニーさん

私も一人で悩んでしまうことが多いです。Crewto®以外では、クラウドソージング経由で記事執筆の仕事をしていますが、基本的に一人で取り組むので不安が尽きません…

記事の内容についてはクライアントに直接相談していますが、文章の表現やニュアンスなど細かい点は自分で調べながら改善するので時間がかかります。「もっとこうしたほうがいいかな?」とキリなくなってしまうこともよくあります。

困ったら相談しよう!と思える相手がいる安心感

市原市原

なるほど…
うちはあまり「外部の方」というニュアンスではないこともあって、一人だけで対応することにならないようにしているのかもしれません。

僕も一人で仕事に向き合うのが辛いと感じるタイプなので、常に誰かを巻き込もうとしてしまいます(笑)
自分一人だと出来ることも、思いつくことも限界ありますし、一人で働くフリーランスこそ困った時、頼れる誰かがいたり、支え合える仲間がいると心強いと思います。

みっちゃんみっちゃん

そうですよね。
私も、チームでデザイン制作する場合は相談できる人がいるので心強いです!行き詰まった時に、少し話をきいてもらうだけでも頭の中が整理されます。

チームメンバーの中には、自分よりもフリーランス歴の長い方が多いので、業務以外にも今後のスキルアップについての悩みなど気軽に相談できるのも嬉しいです。フリーランスにとって、こういう相談できる機会って本当に貴重だと思います…!

アニーさんアニーさん

私も、Crewto®ではチームで仕事できるので有り難いです!
みっちゃんと一緒に担当しているTwitter運用では、「今週はこうしてみましょう!」「ここアドバイスもらえますか?」など相談しあいながら進められるのが本当に心強いです。

記事作成でも、市原さんやみっちゃんが細かい点まで相談に乗ってくださったり、システム上の改良はエンジニアさんに依頼できたりと、チームで働いている感覚を常に感じられています!

二人でTwitter運用したらインプレッション数が4倍に!

市原市原

気軽に相談できる人がいると全然違いますよね。
チームで取り組むことは、メンバーそれぞれの強みが発揮されて、仕事としても成果が出やすいと思います。実際二人が担当してくれているCrewto®のTwitter運用でも成果が上がったと聞きました。

みっちゃんみっちゃん

そうなんです!
以前は私一人で担当していたのですが、2ヶ月前からアニーさんと一緒にやるようになってインプレッションは約4倍になったんですよ!二人だとやっぱりいろいろなネタも思いつきますし、マンパワーも上がって、フォロワーさんとの交流も増やすことができました。

なぜチームでのキャリアアップを推奨しているのか?

社員なし?!フリーランスだけの会社って?

みっちゃんみっちゃん

Crewto®では私たちのほかにもフリーランスや副業されている方がそれぞれチームを組んで業務にあたっているんですよね?フリーランスなど業務委託の方だけで企業運営していけるものなのでしょうか。

市原市原

コロナによってフルリモートが一気に広がり出社せずに仕事することが普通になったので、エリアを超えていろんな人から、少しずつ協力してもらえることが実現できるようになりました。
更にチームにすることで業務の負荷も分担することができるので、継続性という意味でもメリットがあると実感しています。
またその人にとっても勤めている会社以外にも収入や仕事があるのはメリットがあると思います。

みっちゃんみっちゃん

なるほど…!
私もフリーランスになって複数の企業やクライアントとお付き合いさせていただくようになってから、個人で対応することの限界があると感じていたので、「チーム」というコンセプトはフリーランスにとっても処世術の一つになる気がします。

アニーさんアニーさん

私は育休中でも出来る仕事はないか探していたときに市原さんに出会い、今こうしてCrewto®でお仕事させていただいています。収入面でも大変ありがたいですし、家庭以外での役割をもてたことで「社会から求められている」と感じられるので精神的にも助かっています。

「チームキャリア」という概念

市原市原

キャリアというと自分一人で築き上げていくものというイメージがあると思うんです。
就職も転職も一人で応募して、面接して〜となりますから。
ただ、いざ会社に入ると、めちゃくちゃチームワーク求められるじゃないですか。
それだったらはじめからチームワークがいいメンバーで働けたほうがいいと思います。
世知辛い世の中で一人で歩み続けるのは辛いと思いますし、辛い思いをするにしても仲間がいたほうがいいです。

アニーさんアニーさん

私もいずれは転職や独立を考えているのですが、一人だとやっぱり不安で…
でももし、職場の仲間やCrewto®で出会ったみっちゃんと一緒に新しい仕事にチャレンジできたら、きっと不安よりワクワクが大きいですし、困難なことも力を合わせて乗り越えられる気がします!

これからはどんな働き方が理想?

市原市原

二人にはこれからも活躍してほしいと思っていますが、今後「こんなことしてみたい」や「こんな働き方してみたい」などはあったりしますでしょうか。

みっちゃんみっちゃん

私はもともとデザインのお仕事をしたいと思い独立したのですが、現状は前職で担当していたSNS運用や広報業務まで幅広くお仕事をいただいています。

専門性がないことがコンプレックスでしたが、チームで働くことによってこれは武器になると感じています。自分ができるところは最大限頑張って、できないところは仲間に助けてもらいながら、より大きな案件にチャレンジしていきたいです!

アニーさんアニーさん

私は職場復帰したらCrewto®やほかのお仕事に今と同じようには携われないと思います。ですが、本業以外で所属しているチームがあることは経済的にも精神的にも心強いと感じたので、会社員しながらも続けていきたいと思っています。

本業や家庭との両立に苦戦することもきっとありますが、Crewto®でのお仕事を通して「チームで働く大切さ」を学んだので、これからはもっと周りに頼ったり仲間と助け合ったりしながら働いていきたいです!

Crewto®は、個人ではなくチームとしてのキャリアの可能性を考え、チーム単位で採用や業務の受注・発注ができるビジネスマッチングサービスです。
慣れ親しんだメンバーと「チーム」を組んで、求人や仕事に応募してみませんか?
仲間と働く、働く人のSNS「Crewto®(クルート)」